大正・昭和初期の家の天井に断熱材が入る。生まれ変わる-

d0110107_7102527.jpg数週間前、私を支えてくれた光。
d0110107_7214759.jpg断熱材が入る前です。
これは、これで美しいなー。
なんか、置いておきたい!!
でもね、大正・昭和初期と今の暑さの質は違うと思う。
当時(この家が建てられた時)断熱材はなかっただろうし、
「町家再興」とは違う風情かもしれないけど、
これが「今を生きる人が出来る大切なこと」の一つかなーと。
えへっ。

d0110107_731486.jpg一週間後、
ていねいに、ていねいに。

d0110107_7325324.jpgてっぺんまで、きれいに入ってる!
d0110107_7341910.jpg三角形の一番上みたいになってるんじゃなくって、
台形みたいになってるんだね。
一番、上のとこ。
(プリンって言うの?!うまく言えない~~)
d0110107_738581.jpg昭和の日頃には、板張り準備オッケー!!
d0110107_740049.jpgGW中見に行ったら、全部仕上がっていた♪

[PR]
by kobanaya | 2009-05-10 07:41 | ●裏の家 天窓
<< 料理上手になってね、子供よ。 庭の石畳が出来た!お寺を思い出... >>