お手洗いのお引越。

昔は和式だったのにね、全部洋式のお手洗いになっちゃった。
思い出写真はないけれど、心の中には ありますよん。

便器くんがね、トラックの上でコロンと置かれている姿を見て泣けてきました。

本当に、お疲れさま。
ありがとう、便器くん。
ありがとう、便器くん。

でも誰にでも寿命があるように、花も枯れるから、また芽が出るのと同じように、
この循環は間違いないよね??
そうそう、そうよ。

d0110107_10161634.jpg
鍵の写真は残ってた!!

d0110107_1017699.jpg
西南角にあったお手洗いを、ちょっと階段よりにずらしました。
ちょっとしたことだけど、大きな出来事だと私は思います。

d0110107_1020103.jpg
おまけ画像です。
企業?!みたいだねーー

どこのお家でも、こういうのを貼る時代だったのかな ^-^
[PR]
# by kobanaya | 2009-02-15 10:21 | ■母屋 お手洗い

天窓ぽこぽこ。

d0110107_2212544.jpg
また屋根の写真です。
今、冷静に屋根を見たけど天窓がぽこぽこね。

えーん、忘れちゃった。
何個あったの??

とりあえず、いい天気の日は木漏れ日みたいな感じで輝いて大好きでした。
置いてある機械とかも、お日さんに照らされてハイキングの時に見るような風景みたいな感じ。

あの感じは天窓のお陰だったのね ―

分かっているけど分かっていたけど、天窓ってすごいね。

写真で見たら6個は発見!!
もしかしたら全部で10個位あったの??

おじいさんが設計して建てた家じゃないから築何年かは結局誰も分からないのだけど
どうして、あのバランスの位置に窓があるの??

冬は青空ガンガンの晴れは少ないから、なかなか見ることは出来ないけど、
春になったら、夏になったら、あの木漏れ日がまた見られるよね。

今思い出すだけでドキドキする。
[PR]
# by kobanaya | 2009-02-02 22:19 | ○元々の家

瓦屋根の記念写真。

d0110107_820164.jpg
雨風にさらされた屋根くん達です。
どんな思いで瓦職人さんは瓦を並べて下さったのでしょうねー

おとーさんが上って何かを見ている姿を思い出しました。
私も調子に乗って、ひのみから数歩の所の屋根を上ったのを思い出しました。
ふふっ。
[PR]
# by kobanaya | 2009-02-01 08:14 | ○元々の家