愛のはしご。

はしごくん、お元気ですか。
私の夫があなたを もっと役に立たせる為に、どこかへ連れて行ってくれました。
お元気ですか。

あなたが家に来た理由、最近になって母から聞きました。
私は、そんな理由を知らないで何十年も同じ敷地に暮らしていたのですね。
長かったでしょう?
よく待っていてくれました。
本当に、ありがとう。

私は容赦なく自分の都合で、何でもやり込める人間でした。
この頃やっと そういう奴なんだと気付きました。
多少は緩(ゆる)まったかもしれないですが、この性格は治らないかもしれませんね。

あなたが、じっと耐えてくれていたお陰で祖父の温かい気持ちを知りました。
祖父、おじいさんの逸話は色々あるのですが、また一つ加わりました。

はしごくんがいてくれなかったら私は今こんなに涙を流すことはなかったでしょう。
どんどん偉そうになって、大きい態度を更にとっていたでしょう。

時々思い出させてね。
忘れてしまっていたら、トントンって また肩でもたたいてやって下さい。
本当に、ありがとう。

d0110107_834054.jpg
[PR]
by kobanaya | 2009-03-05 08:32 | ○元々の家
<< もらったお花の記念撮影。 生き残る家。パート3 >>