天窓、硝子があまりにも美しい。

70年、80年は経っているのではないの??
なぜ、こんなに“くもり”がないの?

磨いたことなんてないんだよ。
大掃除の時だって確実に忘れているんだよ。

合成洗剤も使っていない、
布巾も雑巾も、ボロボロ布くんでさえも触れていない硝子が、
どうしてこんなに綺麗なの??

バイバイ。
ありがとう。
かわいいね。

d0110107_7443216.jpg
d0110107_7452760.jpgd0110107_7455874.jpg
[PR]
by kobanaya | 2009-03-29 07:46 | ○元々の家
<< 磨かれた梁。 紋紙が吊るされている天井。 >>